--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家内六法全書

2010年03月19日 23:53

今日は千姫ちゃんの方が 帰りが遅かったので、
帰って来てすぐに ‘ちんちん’ に むしゃぶりついてくれました。

IMGP0282.jpg

が しかし、すぐに
「くさい
「うわぁっ すっごい臭い

実はこの2日間 お風呂には入っていましたが、身体は
洗ってなかったんです、、、。

家 (うち) には 「家内六法全書」 と言う いわゆる2人の誓約書
(約束事) みたいなものがありまして、、、

その中で
〈千姫は麦一の身体を、毎日洗わなければならない。
又、麦一は自分の身体を自分で洗ってはならない。〉
とあるんです。

いつもは 一緒にお風呂に入って、身体を洗ってくれるんですが、
この2日間、仕事で麦一は 帰りが遅く、夜遅くに1人でお風呂に
入っていたので、身体を洗ってもらってなかったのです。

P1010008.jpg


その上 昨日は、お風呂上がりの遅い時間に、寝ていた千姫ちゃんのパンツを
ずらして ‘おま○こ’ をなめなめして、SEXして、その後ティッシュで
拭いただけだったので、更にも増して臭かったみたいです。


「家内六法全書」 の中で
〈千姫は麦一よりも帰りが遅かった時は、
帰ってすぐに麦一の ‘ちんちん’ を舐めなければならない。〉
…とあるんです。

外で友達と会っていても、帰る時には
「さっ、 帰って ‘ちんちん’ 舐~めよ
って思って 帰って来るらしいです。



   [ 麦一 ]










スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

家内六法全書 車編

2010年03月20日 23:42

「家内六法全書」 で
〈千姫は麦一の運転する助手席に乗るときは、
必ずスカートを捲り上げていなければならない。〉
と あるんです。

だから千姫ちゃんはいつも車に乗るときは、スカートを捲り上げて
座ってます。


IMGP0281-1.jpg


横に大きなトラックとかが近づくと、恥ずかしそうに モゾモゾ と
変な動きをしてますね、、、

案外 外からは見えないと思うんですけど、横にトラックとなると、
やはり接近感があるので 恥ずかしいみたいです。

結構 楽しいですよ、買い物やドライブに行くのが楽しみになります。


更に 続きがあって、
〈捲り上げるのを忘れた時は、すぐにフェラチオをするか、
大開脚してオナニーしなければならない。〉
とあるんです。

「家内六法全書」 は雰囲気が悪い時であろうと絶対なので、
少し機嫌悪い顔してても、パンツを丸出しにしているのを
見ていると かわいく思います。

プっとスネた顔してても、あそこは恥ずかしくて濡らしていると
想像しながら運転しています、、、。


IMGP029-2.jpg


いつか 助手席で、目隠しして あそこを触りながらトラックの横を
走りたいですね、、、



   [ 麦一 ]










千姫下着コレクション

2010年04月12日 23:10

家内六法全書

以前も出てきました“家内六法全書”
これは、お互いが尊重しあい、つねに好意を抱き、性的に満たされ、
いつまでもまでも幸せに暮らしていく為に出来上がったもので…。

「麦一は、千姫の下着を毎日選ばなければならない。」

毎朝仕事に行く前、お風呂に入った後麦一が私の下着を選んでくれるんです
たまに選ぶのを忘れて仕事に行ってしまうことがあるんですが、私の事を忘れて
いる様でとても淋しい…。
夜は、穴あきパンツやお気に入りパンツだと 「ラブラブしたいのね(*^^)v」
なんて…SEXの想像をしたりして…(^^♪
ノーマルパンツだと 「今日は疲れていて早く寝たいのね」なんて…

麦一が選んでくれる下着で色々妄想したりして…(^^ゞ

こんな事思っていたなんて麦一にも話した事ないんですよ
初告白



下着は全て麦一が買ってきてくれます。
かなり数が増えてきて引き出しがいっぱいに…

IMGP0764(1).jpg

IMGP0767_20100412225851.jpg


「下着、コス等を購入した際はその日に着て麦一に見せ、写真を撮らなければならない。」
これも“家内六法全書”のひとつです。


この1年で、○キロ太ってしまった私
いつも下着を選んでくれる麦一のためにも、下着が似合うようダイエット推進中


   [ 千姫 ]


             千姫本舗     



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。