--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも千姫ちゃんが、、、 vol.1

2014年05月17日 19:16

前略…  もう言い訳はしません、、、。

けど、心配のメール等々 もらってましたので、
申し訳ありませんでした、、、。

毎度のコトですが 千姫ちゃんも いたって元気です。


さてさて、時々 メール等で
「千姫ちゃんは どんな感じの女性ですか?」 とか、
「芸能人で言うと 誰に似てますか?」 と 言う様な 質問があったので、
お答えしたいと思います。

千姫ちゃんがよく言われるのは、女優の ‘水野真紀’ だそうです。
あと多いのは ‘壇れい’ ‘永作博美’ ‘田中麗奈’ だそうです、、、。

麦一的にも 確かに ‘水野真紀’ や ‘永作博美’ ‘田中麗奈’ は、
まぁまぁ 似てると思います。

と、言うコトでこんな画像を 作っちゃいました、、、
とりあえず、水野真紀画と 千姫ちゃん画を くっつけて、
「もしも千姫ちゃんが水野真紀だったら…」 的な、、、


mizuno r ok


確かに この水野真紀の写真は似てるかも、、、

もしも 水野真紀さんの大ファンとか、関係者の方の 目に触れたら
ごめんなさい、、、



   [ 麦一 ]


   IMGP0144_20120917115026.jpg   

   IMGP0247_20110505180820.jpg IMGP0251_20110505180950.jpg IMGP0252_20110505181008.jpg










スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

新春 2014年

2014年01月03日 13:27

新年 あけましておめでとうございます

いやはや、イヤハヤ、、、
本当に申し訳ありません、、、


IMGP0455.jpg


いつの間にか すっごく暑い夏が ひと段落したかと思うと、
いつの間にか 台風がたくさん来て、、、
いつの間にか 朝晩涼しく感じる様になったかと思うと、
あっ と言う間に年が明けてしまいました、、、。

新年のご挨拶が こんな言葉になってしまった事は
痛恨の極みです、、、。

言い訳も出来ない程に ブログUPを さぼっちゃいました、、、
千姫ちゃんも 相変わらず元気にしております。


IMGP0232_201401031308539ed.jpg


が しかし、少しだけ言い訳するとすれば、、、
夏から暮れにかけて、仕事もまぁ普通に忙しかったんですが、
こなさないといけない用事で 休日が終わってしまったり、
親戚が事故にあって入院したり、
麦一が調子悪くなって、人生初の 胃カメラと大腸カメラを
経験したり、、、

検査の結果は全然健康で、ただの ‘食べ過ぎ’ だったみたです、、、。


休みの日でも 以前は朝から出掛けないと イライラする位だったのに、
年齢のせいか 今では 半日以上 出掛けもせずに ‘だらだら’ していたり、、、
けど 本当は露出遊びに出掛けたくて ‘うずうず’ していたり、、、

千姫ちゃんの 画像のリクエストも 幾つか頂いておりまして、
ご期待に添える様 UPしたいと思います。


IMGP0698.jpg



2014年が皆様にとって 素晴らしい年であります様に
ご健勝をお祈り申し上げます。



   [ 麦一 ]



 IMGP0869 m1
 IMGP0869 m2

  IMGP0933.jpg 


 IMGP0252_20110505181008.jpg IMGP0253.jpg IMGP0259.jpg












千姫登場 IN 四国 高松編

2013年07月21日 00:22

四国の続編は3年ぶりの高松城跡でーす。

3年前に来た時 には天守台修復工事の真っ最中だったんです。

平成18年に始まった天守台の石積み復旧工事は、今年 平成25年
無事に竣工し、3月から天守台の公開も始まっています。


IMGP0009_20130720181939.jpg


久方ぶりの高松で 大喜びの千姫ちゃんですが、超猛暑で
千姫ちゃんの ‘あそこ’ も ヌルヌル だったそうです、、、。

本丸と二の丸を繋ぐこの ‘鞘橋’ はそのままの様子で、非常に
いい雰囲気で千&麦も大好きなポイントです。


IMGP0008.jpg


解体前は天守台の上に ‘玉藻廟’ があったんですが、今回の工事で
解体されて、復旧はしていないみたいです。


IMGP0003_20130720181926.jpg


が しかし、今回の工事での調査で、以前から石積みの内側に
「天守閣の1層部分が隠れていただろう」 と言われていた通り
穴蔵が発掘され、更に ‘田’ の字に並んだ基礎石と、4本の柱跡が、
ほぼ当時のまま発掘されたんです。


IMGP0005_20130720210148.jpg


ここ高松城は 豊臣秀吉の四国制圧の後、1587年に 讃岐一国の領主
となった 生駒親正によって、築城されたんです。

400年以上もたった平成の世で その穴蔵が発見されて、その上
千姫ちゃんの露出スポットになるなんて、夢にも思わなかったでしょうね、、、。


IMGP0006.jpg


高松市民はもちろん 香川県民も、四国の玄関口の シンボルでもある
高松城天守閣復元を 強く望んでおります。
もちろん 千&麦も強く望んでいて、立派な天守閣や本丸御殿の
復元が決まった際には、千姫ちゃんも 大喜びで大胆露出を披露して
くれると思います。

微力ながら応援すると共に 期待しております、、、。



   [ 麦一 ] 




 IMGP0501ranking1.jpg
 IMGP0501ranking2.jpg 

 IMGP0245.jpg IMGP0249_20110505180841.jpg IMGP0256.jpg












千姫登場 IN 四国 鳴門編

2013年07月14日 20:11

いやはや、いやはや、
申し訳、申し訳、、、本当に申し訳ありません、、、。

非常に仕事が忙しく、いつの間にか 梅雨になり、
陽が照るなぁ と思ったら いつの間にか梅雨があけていて、、、

久方ぶりの連休で 行って来ました 久方ぶりの四国で~す。





四国 北東の町、渦潮で有名な鳴門市でーす。

鳴門の渦潮は 「世界三大潮流」 にも数えられ、1日に2回 大量の
海水が瀬戸内海に流れ込み、流れ出します。その水位差や海底の
地形等の影響で、もの凄い渦潮が発生するんです。

タイミングが良ければ 観光船に乗って見に行きたかったんですが、
約2時間の潮待ちだったので、今回はあきらめました、、、。


104475.jpg


この 「大鳴門橋」 は1976年に着工し、1985年に供用開始となりました。
明石海峡大橋と比べると、距離も大きさ (高さ) も 規模は小さく
なるんですが、鳴門海峡独特の渦潮、超早い潮の流れ、きつい潮流の
海上で発生する海峡風に悩まされ、さまざまな苦労があったそうです。


104480.jpg


この大鳴門橋を含む 「本州四国連絡橋」、本州と四国を結ぶルートは
現在計3ルートあるんです。この本州と四国を 橋で結ぶ構想の提案、
必要性を訴えたのは ある四国の議会議員の方なんですが 1889年、
なんと明治時代のコトなんです。

それから動きが止まっていた訳ではなく、架橋設置個所の検討や 用地確保、
各個所の漁場の保護や保証、この鳴門海峡では渦潮のメカニズムを
調べ上げ、渦潮への影響を最小限に抑えた工法の検討等、さまざまな
苦労を積み上げての 現在のこの立派な光景、立派なインフラとなっています。

明治から大正、昭和と時代を経て 苦労して下さった方々も、
千姫ちゃんの露出披露で 癒してもらえれば、と思う初夏の昼刻でした、、、。



   [ 麦一 ]




  

  IMGP0073_20120917114924.jpg 

 IMGP0245.jpg IMGP0249_20110505180841.jpg IMGP0256.jpg













千姫登場 IN 福知山 vol.2

2013年05月25日 18:06

vol.2 は 福知山から少し北上した、与謝野町 (旧加悦町) でーす。
加悦町で有名なのは、1934年に発見された大江山 (ニッケル) 鉱山です。





当時、政府や軍の要請や 援助もあり、採掘 製錬を始めたんですが、
戦争の影響で 人手不足が深刻となり、学生や囚人 東アジアでの敵国捕虜、
更には 中国や朝鮮から強制連行してきた労働者までいたそうです。

そんなニッケル鉱山の歴史は短く、終戦と同時に閉山となり
現在に至っています。


その鉱山跡のすぐ前にあるのが、子供も喜ぶ 「加悦SL広場」 です。


IMGP0632_20130525160509.jpg


ここも おもしろいですねぇ、、、
実際に活躍した電車が沢山展示してあって、ほとんどが中にも
入れるんです。


IMGP0597.jpg


ほとんどが 加悦鉄道で活躍した電車なんですが、蒸気機関車や
ディーゼル機関車、客車はもちろん 貨車なんかも展示してあるんです。


IMGP0621_20130525160503.jpg


加悦鉄道は、ここ加悦駅と丹後山田駅を結んでいたんですが、
いわゆる私鉄で、私鉄といっても昔の地元の村人達等で お金を出し合い、
ここに電車を走らせる為だけに、鉄道会社を設立し 実現した鉄道なんです。


IMGP0611.jpg


1926年に開業し 丹後ちりめんや、ニッケル鉱石等の輸送に活躍し、
旅客としても 地元の生活の一部でもあった加悦鉄道は、約60年の
歴史を残し 1985年 廃止となりました。


IMGP0614.jpg


加悦鉄道の素晴らしい所は、そんな歴史を簡単に無くして
しまうのではなく、こうやって 子供から大人まで楽しめる
施設を造り 保存して、地元の協力もあり そんな歴史を大切に
しているのが伝わります。


IMGP0613_20130525160453.jpg


昔の人達の 苦労と努力と言うのは、現代では 真似出来ない事が多いに
あります。
そんな苦労と努力の末の 喜びや感動、生活、、、
名前も知らない人様の ‘あたりまえ’ である生活、、、
それを支えた昔の インフラ整備、なんですね、、、。



   [ 麦一 ]



 IMGP0869 m1
 IMGP0869 m2 

  IMGP0246_20110505180909.jpg IMGP0253.jpg

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。